九星気学は、たくさんの人に馴染みの深い占術のひとつと言えます。

九星気学は、我が国では明治時代に園田真次郎氏によって体系化されました。
中国の九星術がもとになったと言われています。

九星気学とは、一白水星から九紫火星までの9つの星で大自然にある「気」のエネルギーを9つの種類に分類して判断します。

西洋占星術は実際の天体の星をもとにしていますが、九星気学は架空の星をもと
にしています。

9つの星に、さらに十干十二支を加えて判断することで、引越しの方位や人間関係の相性、その年や月の運勢、性格や能力なども簡単に占えます。

占いや鑑定の初心者でも分かりやすく、さらにいろんな分野へも応用でき
ることもあってたくさんの人に親しまれているいる占術です。

九星気学は身近な占いで、毎年の暦のほとんどは、この九星気学がベースと
なっています。

九星気学は、生年月日から9つのタイプ(本命星)に分けて判断します。

九星ですから、下記の9つの星に分類されます。

一白水星(いっぱくすいせい)
二黒土星(じこくどせい)
三碧木星(さんぺきもくせい)
四緑木星(しろくもくせい)
五黄土星(ごおうどせい)
六白金星(ろっぱくきんせい)
七赤金星(ひちせききんせい)
八白土星(はっぱくどせい)
九紫火星(きゅうしかせい)

自分の本命星がどの星に当たるかを、九星早見表 で調べてみましょう。

自分の本命星が分かったら、基本的な運勢や気質について確認しましょう!

また、本命星を暗算で出す方法を覚えると九星早見表を見ずに暗算で簡単に出すことができるので便利ですよ。